レディ
  1. ホーム
  2. テナントの種類と特徴

テナントの種類と特徴

男性

駅前と郊外の違い

大阪で飲食店や販売店を開業するときには、貸店舗を利用することが多いですが、貸店舗には様々な種類があります。そのため大阪で貸店舗を探すときには、店舗の種類と特徴を把握して、商売に適している店舗を借りましょう。大阪の貸店舗は物件の立地や地域によって、駅前などの利便性が高い場所にある店舗と、郊外の幹線道路に接した店舗に分けられます。駅前の利便性の高い場所にある貸店舗は、ビルの中に入っていることが多く、店舗を借りた時には駅の利用者が顧客になります。大阪の利便性が高い地域は、それぞれ人の流れが異なるため、駅前の貸店舗を利用する時には人の流れを把握することが大切です。そのためには周辺環境を調べることが効果的なので、大阪で駅前の貸店舗を利用するときには、周辺を歩いて環境を確かめましょう。大阪の郊外にある貸店舗は、幹線道路や生活道路など交通量の多い道路に面しており、車で来る人が店舗を借りたときの顧客になることが多いです。そのため大阪で店舗を借りるときには、店や看板などの視認性が優れている物件を探しましょう。また店舗の駐車場へ車が入りやすい物件を選ぶことで、顧客を多く取り込む事ができます。大阪の貸店舗は前の借主の設備や内装が残っている居抜き物件と、設備や内装が何もない物件があります。居抜き物件は設備や内装をそのまま利用する事ができるため、店舗を開業するときに費用を抑えられます。設備や内装が施していない物件は、店舗を自由にデザインする事ができるため、業種にあった雰囲気の店舗になります。